読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

codes / cipher

文章置き場

就活にかかったお金

ざっくり計算。

必要な装備

一般には

などが新たに購入かと思います。

私の場合は、アレルギーの為腕時計を所持しておらず、またチタン製しか着用できないため、これが一番高い出費になりました。
小物の購入費と合わせて3万円程度。

スーツやカバンなどは家にあるものを使用したので出費無し。

交通費

私は地方(大阪)から東京への就職だったので、一番心苦しいのが交通費でした。
イベント等では全額補助される事もありますが、会社によっては一部負担、或いは負担なしという事もあります。

呼ばれて行ったのに一切支給が無かった会社は本当に…。東京の社会人は気軽に「来て!」って言いますが、新幹線だと学割使っても1往復で2万4千円くらいかかるんですよ…。
前後に時間の余裕が取れる(高速バスが使える)人や、1日のうちに複数の用事を片付けるスケジュール管理の上手い人ならもっと効率良くなると思いますが、私の場合はどうしても日帰りしないといけない日が多く、全て新幹線移動でした。

個別のイベント等の支給費は口外禁止なので、全イベント・見学・面接(計6回)をひっくるめて、赤字は9万円程度。
どっかで稼ぎ直さないとなあ。

食費

イベントに行った先等での食費もかかってきます。
この辺りは人によってまちまちなのと、数え上げるのが面倒なので割愛。元々自炊しない人も多いですし。

まとめ

1地方民のサンプルですが、やはり細々とした出費も含めると12万円以上の出費となりました。これにスーツ代等がかかってくると15万円はみておいた方が良いですね(逆に時計がそんなにかからないとは思いますが)。

私は内定は一つ貰えれば良い主義で、そもそも遠征回数自体多くありませんし、地方民だけの平均を取るともっと上かもしれません。